ホーム > 運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

当社は、輸送の安全向上のため、つぎの通り運輸安全マネジメントに取り組みます。

事故防止のための「安全方針」

輸送の安全確保が事業経営の根幹となる

平成29年度の安全目標

対象期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日 目標値
車両事故件数 5件以内
労災事故件数 3件以内
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件

目標達成のための計画

  • 1.車両事故の防止
    • ①乗車・降車時の基本動作の徹底(車両のまわりを一周する)
    • ②指差呼称確認(発進時・後退時の指差呼称確認・交差点付近での指差呼称確認)
    • ③後退(バック)時の降車確認
    • ④2時間に15分以上の休憩
    • ⑤歯止めの徹底
    • ⑥帰社後の車両美化(洗車・ガラス・タイヤワックス)
    • ⑦帰社後の車内清掃(運転席まわり・助手席・ダッシュボード)
  • 2.リフト事故の防止活動
    • ①指差呼称確認(前進時・後退時・パレットにフォークを差し込む時 等)
    • ②走行速度の厳守(8km/h以下)
    • ③危険箇所での一旦停止・安全確認(指差呼称)
  • 3.労働災害事故の防止
    • ①荷扱い時の事故防止(安全な作業手順の徹底)
    • ②構内・倉庫内・荷台上での事故防止(不安全状態・不安全行動の撲滅)
  • 4.品質事故の防止
    • ①作業手順・確認を省かず商品事故防止
    • ②協力会社の指導・教育と改善確認
    • ③事前管理と事後要因分析で同類事故防止
    • ④各マニュアルを活用し実践活動

輸送の安全に関する目標及びその達成状況

対象期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日 目標値 結果 結果
車両事故件数 0件以内 18件 未達成
労災事故件数 0件以内 9件 未達成
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件 0件 達成

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

事故の種類 発生件数
1.転覆事故 0件
2.転落事故 0件
3.火災事故 0件
4.踏切事故 0件
5.死傷事故 0件
6.積載された危険物などの全部若しくは一部が飛散し、又は漏洩した場合 0件
7.運転者の疾病により運行できなくなった場合 0件
8.車両故障に起因する事故 0件
9.その他国土交通大臣が特に必要と認めて報告を指示した場合 0件

株式会社つばめ急便
代表取締役 砂町 美智子

  • つばめ急便の強み
  • 安全・品質・環境・社会への取り組み
  • ”ありがとう”のキモチを届ける・・・つばめ急便トラック
  • 採用情報