ホーム > ”ありがとう”のキモチを届ける・・・つばめ急便トラック・フォークリフト

ありがとうのキモチを届ける・・・つばめ急便トラック
つばめ急便の各部分
  • ①ドライブレコーダー

    ドライブレコーダー

    つばめ急便では"安全運転管理の徹底と自己の未然の防止"を目的とし、ドライブレコーダーを設置しています。危険運転時に抽出されたデータをもとに、毎日ドライバーと個別面談にて道路状況や心理状況を詳しくヒヤリングし、徹底分析。各ドライバーは日々の運行状況を確認することで、より安全意識を高めています。

  • ②デジタルタコグラフ

    デジタルタコグラフ

    つばめ急便では”安全運転管理の徹底とエコドライブの推進”を目的とし、デジタルタコグラフを設置しています。全土ドライバーの速度を(km/h)、エンジン回転数(rpm)、アイドリング、急加減速度等を徹底管理。各ドライバーは点数にて評価されることで、より安全を極めています。

  • ③車両整備

    車両整備

    つばめ急便では”お客様の代表”である気持ちを、大切な商品をお届けしています。つばめ急便ののボディは、いつも磨きあげ、綺麗な状態を維持しています。車両整備も万全です。

  • ④歯止め

    歯止め

    つばめ急便では駐停車時において”サイドブレーキを引く、ギアをローに入れる、歯止めをする”ことをドライバー全員が身体で覚えています。”万が一”の場合を考え、通常の駐停車時や荷下ろし中はもちろん、エンジンを切る時は必ず歯止めをすることを100%実施しています。

  • ⑤タイヤワックス

    タイヤワックス

    つばめ急便では”印象”を大切にしています。タイヤワックスを使用することで水はじきを防ぎ、”足元まで清潔な状態”を保つため、手入れを怠りません。お客様の敷地を汚すことなく、最高のサービスを追求し日々を務めてまいります。

  • ⑥事故防止

    事故防止

    つばめ急便では交差点進入時”横断歩道手前で一時停止し、左右の安全確認を目視で二度行う”ことを徹底し、安全運転に心掛けています。またトラック工法にステッカーを貼付し、一般車両の方々にもご理解、ご協力いただいています。

  • ⑦社内速度

    社内速度

    つばめ急便では”制限速度が安全速度ではない”ことをドライバー全員が心に刻みをを握っています。道路環境・交通状況・天候・視界・車両の状態(積載量)など場面に応じた速度で安全運転を確保しています。

ありがとうのキモチを繋ぐ・・・つばめ急便フォークリフト
つばめ急便フォークリフトの各部分
  • ①ドライブレコーダー

    ドライブレコーダー

    つばめ急便では事故防止・荷扱いの改善・輸送品質向上を目的にドライブレコーダーを設置しています。物流業界でもフォークリフトにドライブレコーダーを設置している企業は数少なく、つばめ急便はどの工程においても、のの商品を大切に扱うことに全力を注いでいます。

  • ②事故防止

    事故防止

    つばめ急便では前進時・後退時・バレット差込み時は必ず”指差呼称による安全確認”を行うことを徹底し安全運転に心掛けています。また施設構造上の危険な場所や死角となる場所については一旦停止のルールを制定しています。

  • ③社内速度

    社内速度

    つばめ急便では車両事故・商品事故の防止のために、フォークリフトの速度を機械的に制御する"かめモード”を常に活用し運転しています。構内のを便利に走るフォークリフトですが、使い方次第で危険な乗り物となります。スピードを制御し、場面に応じた慎重な操作を行うことで一層の安全運転を心掛けています。